「指定」と「非指定」教習所の違い 

日本には、運転免許証を取得できる2つのタイプの自動車学校があり、「指定」学校と「非指定」学校です。 


以下に、2つの基本的な違いを示します。これにより、どの旅をするかを決定できます。

指定自動車教習所

「公安委員会」によって認可された自動車学校です。トレーニングの過程で従う必要があるカリキュラムがあります。たとえば、AT(自動変速機)のレギュラーモータービークルを取得する場合は、教室で最低26レッスン、ATで31レッスン/ MTの実習運転の34レッスンを完了する必要があります。

学校のスケジュールに基づいてトレーニングセッションに参加する必要があります。

大学と同様に、学校でのコースの最終試験に合格して合格すると、「卒業証明書」が発行されます。これは、自動車学校からの出席の証明として機能します。その後、最終的な筆記試験のみを行うために、管轄の運転免許証センターに提出されます。

 

合格すると、運転免許証が発行されます。
 

非指定自動車学校

道路の日本規則を学び、規則に従って運転練習を行うことができる非公式の自動車学校です。

レッスンの内容は柔軟です。個人には、日本での安全運転について学ぶことに加えて、弱点のみに焦点を合わせるオプションがあります。

教室と練習走行のトレーニングスケジュールは柔軟です。 

この旅をする人は、運転免許証センターに行き、1回の空き状況に基づいて4つの試験すべてを受験する必要があります。

最高の利点は、非公式の自動車学校であるため、レッスンの最小数は必要ないため、日本で運転免許をより早く、より安く取得できることです。

最後に、時間、ニーズ、予算に不安がある場合、この学校を選択するのが最善の選択肢です!

比較表

©Copyright © 2018 Emanon Solutions - All Rights Reserved.

Emanon インターナショナルドライビングスクール in 東京, 日本

東京都板橋区坂下2−33−19−2階 | info@emanon-solutions.com | +81-3-6325-3311